治験アルバイトの辛いことランキングベスト3

私個人的には、
現存無数に存在するアルバイトの中で、
治験アルバイト程楽でコスパがいいアルバイトは無いと思っているのだけど、
そんな治験アルバイトにも一応辛いことというのは存在する。

 

そこで今回は、
私の実体験から、
かなり主観も入ってしまうが、
治験アルバイトの辛いことランキングについて、
話をしていこうと思う。

 

閉鎖空間での生活

 

 

まず初めに、
閉鎖空間での生活

 

治験アルバイトの場合、
閉鎖空間での生活というか、
ある意味病院に入院するようなもので、
治験期間中は、
病院内で一定期間過ごす必要があり、
どうしてもそういった閉鎖空間での生活が苦手な人は、
治験アルバイトの辛いことに入るだろう。

 

特に、
外に出ることが出来なくなるのが治験アルバイトの特徴でもあるので、
普段家に引きこもることが極端に少ないような人は、
閉鎖空間での生活は少しは辛くは感じる人も多いだろう。

 

節制した生活

 

次に節制した生活

 

治験期間中もそうだし、
治験のスクリーニング(事前検査)の日程が決まってからもそうであるが、
事前検査に合格するためにそれなりに規則正しい生活をする必要があり、
そのような節制した生活が苦手な人は、
これまたつらいことになるだろう。

 

特に治験で実際に病院に入院している期間は、
タバコを吸ったり、
お酒を飲んだりすることが一切出来なくなるので、
普段から常習的にタバコを吸ったり、
お酒を飲んだりしている人は、
多少辛く感じる人もいるだろう。

 

団体行動の強制

 

最後に、
団体行動の強制

 

先ほども話をしたように、
治験期間中は病院で入院するようなもので、
ある程度の団体行動が求められるので、
団体行動が極端に苦手な人は、
これも治験アルバイトの辛いことに入るだろう。

 

ただ、
実際はそこまで団体で行動するということは少なく、
かなり自由な時間が多いことも、
治験アルバイトの現実ではあるが。

 

終わりに

 

以上が、
私が個人的に思う、
治験アルバイトの辛いところのように思う。

 

ただ、
このサイトでも何度も言っている通り、
普通のアルバイトに比べれば
実体験からも治験のアルバイトは圧倒的に楽であることは間違いないので、
少しでも治験に興味がある人は、
まずは治験の説明会からでもいいので、
行ってみることがおすすめである。