治験に少しでも興味があるならとりあえず治験説明会に参加するべき

 

このこともこのサイトの至るところで話をしているのだけど、
重要なことなので再度話をしていきたいと思う。

 

治験に少しでも興味があるならば、
とりあえず治験説明会に参加するべきである。

 

百聞は一見に如かず

 

というのも、
治験のことについて
一番深く理解するためには、
治験の説明会に参加するのが、
一番効率がいいからだ。

 

治験の説明会に参加すれば
治験に対する大まかな流れや、
また実際に治験が行われる場所の雰囲気
そして実際にどういう人が治験に参加しているのか
などなどあなたの目で確認することが出来るからだ。

 

また、
治験の説明会では、
担当する医師や、
治験コーディネーターと呼ばれる
俗に言う治験のプロから
治験に対する分かりやすい説明を直接聞くことが出来る

 

インターネット上で、
情報を収集しているよりも、
治験説明会に参加した方が
はるかに治験に対するイメージが湧きやすいのである。

 

実際に参加してみて

 

私は今まで治験に5回参加してみて、
治験のデメリットもメリットも、
また看護師や医師などにも、
時間があればサイト作成のために、
自分が気になったり、
色んな人が気になるようなことを質問しまくったり、
同じ治験参加者と会話をしたりして、
そういう生の声を全てこのサイトには書いているのだけど、
実際問題おそらくだがあなたが思っているより治験というのは、
ずっとずっとハードルが低い。

 

治験は本当にただ、
国から治験薬として許可されている安全性の高い薬を飲んで
血を抜いて血中の薬の濃度を調べるだけ

 

それだけである。

 

治験は人体実験でもなんでもなく
被験者に物凄く配慮され、
そして限りなく安全で、
社会貢献性の高いものである。

 

その私が言っていることを理解してもらうためには、
治験に参加するしないは別にして、
説明会に行くことが最も手っ取り早いのである。

 

治験の説明会に一度参加すれば、
あなたが治験に対してどのようなイメージを抱いているかは私の知る限りでは無いが、
おそらくあなたが抱いている治験のイメージは払拭され、
治験に対して非常に前向きなイメージを抱くことが出来るだろう。

 

終わりに

 

私は治験を含め
長期・短期合わせれば
大体20近くのアルバイトの種類をこなしてきたが、
あくまで私にとってたが、
治験アルバイトというのは非常に割がよく、
また効率のいいアルバイトである。

 

少しでも治験に関心があるなら
まずは治験説明会に参加し、
治験に対するイメージを明確にすることが、
治験に対する理解を深める一番の手段だろう。

 

トップページへ