インクロム 3泊4日×3+4通院 216000円治験に参加してきました

 

治験の休薬期間も過ぎ、
新しく治験に参加したいなーと思いつつ、
JCVNV−NETを見ていても、
どうもいい案件が無い。

 

他の治験募集サイトでも探すかと思っていたところ、
関西専用の治験ボランティアサイト
インクロムを発見した。

 

まさに関西在住の私は、
秒速でインクロムに登録し、
3泊4日×3+4通院 216000円の治験に参加してきたので、
その体験談を話していこうと思う。

 

まずは登録

 

まずは、
インクロム無料会員登録

 

インクロムに登録して、
間もなくすると、
電話がかかってきた。

 

前回治験を行った時と同じく、
いろいろ体調面のことをきかれ、
問題無さそうだったので、
無事登録完了。

 

注意点としては、
なぜか、
ボランティア団体の重複登録はNGらしく、
ここで、
JCVN
V−NET
生活向上webの会員登録を解約した。

 

で、
登録会を兼ねた
治験説明会があるからということで、
治験説明会が開催される、
大阪治験病院まで足を運んだ

 

登録説明会

 

 

登録説明会はお昼から。

 

登録説明会が開催される、
大阪治験病院は、
JR新大阪から
徒歩5分くらい。

 

阪急だと、
阪急南方駅から、
徒歩20分くらい。

 

 

私の場合、
家からの電車賃が、
JRよりも阪急の方が安いので、
阪急で大阪治験病院まで行った。

 

そして、
登録説明会。

 

ここで、
身長体重を測る。

 

そして、
例の如く治験の説明。

 

治験の安全性などの説明があった。

 

その後、
治験に参加できる日程を聞かれ、
3泊4日×3+4通院 216000円を選択。

 

他にも、
4泊5日×2+8通院 236000円
15泊16日+1通院 280000円などがあった。

 

本当は、
15泊16日+1通院280000円がよかったのだけど、
初めて治験に参加する場合は、
長期治験は受かりにくいとのことだったので、
比較的受かりやすいと言われた、
3泊4日×3+4通院216000円を選択した。

 

治験の募集人数などによっても治験の受かりやすさは変わってきます

 

大人数治験を募集している治験の方が、
小人数募集の治験よりも受かりやすいです。
(具体的には、
6人だけしか募集していない治験よりも、
18人募集している治験の方が受かりやすいということ。)

 

人気がある治験アルバイトは本メンバーに採用されにくい

 

また日程も一つの日程では無く、
同じ治験内容であれば
複数の日程を出していた方が治験には受かりやすいです

 

 

ちなみにこの登録説明会、
参加するだけで、
2000円貰えたので、
結構おいしい笑

 

スクリーニング

 

 

そして後日、
スクリーニング検査

 

これも、
前回と一緒。

 

血液検査や、
心電図
尿検査などをした。

 

後、
変わっていたのは、
肺のレントゲン写真を撮ったことだった。

 

他は一緒。

 

健康診断みたいな感じ。

 

そして、
後日、
合格の電話がきた。

 

3泊4日×3+4通院

 

 

そして、
治験の開始。

 

例によって、
節制した生活をして、
終わり。

 

採血は、
一番多い日で、
8回前後

 

他の日は、
全て採決は1回。

 

で、
恐ろしく思ったのが、
採血が全く苦では無くなっていたこと

 

初めて治験に行ったときは、
採血が本当につらかったのだが、
今回は治験自体が3回目ということも有り、
採血自体の痛みや苦しみは、
ほとんどなかった

 

慣れというものは恐ろしいものだ。

 

治験アルバイトも二回目以降は慣れる

 

大阪治験病院について

 

大阪治験病院について
話をしていこうと思う。

 

大阪治験病院に関して
率直な感想を言えば、
しっかりとした病院だった。

 

看護師や医師をはじめ、
治験に携わるスタッフはみんないい人だったし、
また、食事も非常においしかった。

 

そして、
漫画やゲームなども完備されており、
(漫画喫茶レベル。)
病院内が、
Wifi環境になっていたのも有難かった。

 

↓大阪治験病院の談話室

 

 

↓大阪治験病院のインターネットルーム

 

 

↓大阪治験病院の食堂・娯楽室

 

 

↓大阪治験病院の浴室

 

 

↓大阪治験病院のベッドルーム

 

 

また、
治験中は、
パソコンやスマホの持ち込みも大丈夫なのも、
有難かった。

 

治験参加者に関しても、
嫌な人はおらず、
みんな普通の感じだった。

 

私が治験を行った時期的にも、
大学の冬休みと被っていることも有り、
大学生が多かったように思う。
(半数くらいが大学生。)

 

※今回は、
院内が撮影禁止だったことも有り、
食事など院内の様子は撮影できなかった。

 

上記に掲載している写真は、
全て公式ホームページに載っている写真です。

治験ははやりコスパがいい

 

慣れというものは恐ろしいもので、
治験三回目ともなれば、
本当に治験自体が余裕になってしまった。

 

今回に関しては、
辛いことなどほぼなく、
強いていえば、
通院時は、
朝8:30分までに病院に行かないといけなかったので、
朝起きるのが辛かったくらい。

 

後は、
辛いことなど皆無だった。

 

治験の時にいた医者などから聞いたところによると、
人によっては、
治験中の団体生活が辛かったり
時間を拘束されることが辛い人もいるようだが
もともと引きこもり体質の私とっては、
全く辛いことなどなかった

 

また、
今回、
たまたま番号が近かった、
大学生の子と少し仲良くなったが、
彼は四回生で、
初めての治験参加だったらしいが、
彼からしても、
やはり治験自体は楽、コスパがいいと思ったらしく、
もし、また参加できるなら、
参加したいと言っていた。
(聞いてもいないのに、
看護師の彼女がいるという自慢をしてきて、
彼に殺意を覚えたのはここだけの話だ。)

 

終わりに

 

今回のインクロムでの治験で改めて、
治験のコスパの良さ
楽さ
を実感した。

 

ほぼ苦労無く
食事つき
ベットつき
お風呂つき
何もしないで
216000円が手に入るのだから笑

 

インクロムに関しては、
残念ながら関西圏の人(大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、岐阜県、三重県)
しか登録することが出来ないが、
治験以上に楽に稼げるアルバイトは、
存在しないので、
治験に関心がある人は、
マジで治験はやるべきだと思った。

 

関西在住で、
治験に関心がある人は、
インクロムは非常におすすめの治験サイトである。